FANDOM


ゴロン族は、任天堂コンピュータゲームゼルダの伝説』シリーズに登場する架空のキャラクター。初登場は『時のオカリナ』で、以後も多くの作品に登場している。 やや太り気味の体型と、岩のような背中、褐色の肌、そして頑丈な体を持つ種族で、岩石が主食らしい。 大人は語尾に「~ゴロ」と付けて話すが、子供の時は「~コロ」である。

登場作品 編集

ゼルダの伝説 時のオカリナ
初登場。栗のような形の頭部を持っている。デスマウンテンのゴロンシティに住んでおり、身長5m~10mはあろうかという巨大なゴロンも存在する。サリアの歌が好きらしい。また、ゴロン族のお面もお面屋で貸し出ししている。
ゼルダの伝説 ムジュラの仮面
本作ではスノーヘッド地方の山里に住んでいる設定。異常寒波に苦しんでいる。本作からゴロンの長老が登場している。また、「ゴロンの仮面」を被ることにより、ゴロンの姿をした「ゴロンリンク」に変身することも可能。丸まって転がり、これでレースする「ゴロンレース」もある。
ゼルダの伝説 ふしぎの木の実
『大地の章』『時空の章』ともに登場する。『大地の章』ではゴロン山にゴロン族の集落があり、ダイゴロンもゴロン山に住んでいる。『時空の章』ではゴロゴロ山に集落があり、「娯楽好き」という設定の元、様々なミニゲームがここで行われる。
ゼルダの伝説 風のタクト
本作ではゴロン族の集落などは見られず、海を渡り歩くゴロン族の商人が数人登場するのみである。本作のみ語尾に「~ゴロ」と付けない。なお、本作から巨大なゴロンは見られなくなる。
ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし
かつてゴングル山で暮らしていたとの解説はあるが、集落などは登場しない。「カケラあわせ」イベントを成功させることで登場し、アイテム獲得の助けとなる。
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
若干荒々しい外見となり、髪のようなものも生えている。腰にパンツのようなものを履いていたり、前掛けを掛けていたりする。また、岩石だけでなく、牛乳も飲んでいるらしい。相撲を好む。
最初はとある理由から人間との交流を断っていたが、族長のダルボスが救われてからは交流を再開する。
ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
火の島とドゥエス島に登場する。ここで主人公はゴロン族になりゴロン族からの呼び名はゴロ~(名前)になる。
ゼルダの伝説 大地の汽笛

ゴロン村などに登場する。ゴロン村はゴロン族の集落がある。ゴロン遊技場では汽車の大砲的当てができる。 ヤミの採掘場では200ルピーでヤミの鉱石を売ってくれる。


個別 編集

ダルニア
『時のオカリナ』の時代でのゴロン族の族長。炎の賢者でもある。
ダルニアの息子
リンクという主人公と同じ名前を付けられており、これはリンクの勇姿に肖って付けられたらしい。『ムジュラの仮面』にもリンクという名前のゴロン族が登場するが関連は不明である。
チュウゴロン
『時のオカリナ』、『ムジュラの仮面』に登場。巨大な体の持ち主。
時のオカリナではダイゴロンの弟で、鍛冶屋であり、強力な両手剣「巨人のナイフ」を売っているが、腕がまだ未熟らしく、何回か斬りつけると折れてしまう。
『ムジュラの仮面』では大バクダンを売っている。
なお、時のオカリナの者とムジュラの仮面の者はそれぞれ別人である。
ダイゴロン
『時のオカリナ』、『ムジュラの仮面』、『ふしぎの木の実』、『ふしぎのぼうし』に登場。
チュウゴロンをも遥かに上回る巨体の持ち主。
時のオカリナではチュウゴロンの兄で、一流の鍛冶屋。彼の作る「ダイゴロン刀」は弟の巨人のナイフとは違い、絶対に折れない。
ムジュラの仮面ではスノーヘッドの神殿を守っていたが、異常気象との発生と共に行方不明になってしまっていたが、実際は姿が見えなくなっていただけ(まことのメガネを使えば見える)であり、何らかの理由からスノーヘッドで冷たい息を吐き、吹雪を起こしていた。
ふしぎの木の実では大地の章にのみ登場。ゴロン山の山頂に住むが、異常気象のために風邪を引いている。リンクシステムで時空の章から「あいことば」を持ち込むことで、「ダイゴロンとう」を作ってくれる。
ふしぎのぼうしではセラ水源に隠れており、「カケラあわせ」イベントを起こさないと姿を見せない。条件を満たすと、盾を「ミラーシールド」に変えてくれる。
チュウゴロン同様、4作品でそれぞれ別人。
ダルマーニ3世
『ムジュラの仮面』に登場。異常気象を止めるべく、スノーヘッドに向かったが、途中で崖から転落、そのまま息絶えてしまい、異常気象に苦しむ仲間を見捨てられず幽霊となって登場する。しかし、リンクのいやしの歌で魂を癒してもらった後は、魂はゴロンの仮面となり、リンクに力を貸す。上記のダルニアと似ている。
長老(ムジュラの仮面)
『ムジュラの仮面』でのゴロン族の長老。幼い息子がいる。
長老の息子
『ムジュラの仮面』の長老の息子。泣き声がとてつもなく大きく、周囲のゴロンにとっては地獄の苦しみである。ゴロンレースが好きらしい。
ウリゴロン
『ふしぎのぼうし』に登場する行商人。一定条件を満たすとハイラル城下町に現れ、通常は拾い集めるしかない「しあわせのカケラ」を売ってくれる。
ダルボス
『トワイライトプリンセス』の時代での族長。影の結晶石に触れてしまい、炎の魔物「覚醒火炎獣 マグドフレイモス」へと変貌してしまい、ゴロン族の長老達によってゴロン鉱山の奥深くに封印されていたが、リンクによって元の姿に戻される。ちなみに、元に戻ってからはマグドフレイモスになっている間の記憶は無かった。
ドン・コローネ、ドン・シーゲル、ドン・エビーゾ、ドン・レゲーヌ
『トワイライトプリンセス』でのゴロンの長老達。
コローネは相撲が強く、トアル村の村長・ボウとは知り合い。エビーゾとレゲーヌは後にカカリコ村のマロマートで募金活動を行う。シーゲルはこの4人の中で体が一番小さい。
ダンゴロス
『トワイライトプリンセス』に登場。「ゴロン鉱山」の中ボスで、勇者の弓を守る番人。鎧を纏っている。
最初はリンクを敵視しており、戦うこととなるが、倒すと強さを認められ、勇者の弓を渡してくれる。
長老(夢幻の砂時計)
『夢幻の砂時計』での長老。息子がいる。
マイゴロン
『夢幻の砂時計』の長老の息子。火の神殿で協力して移動したり神殿のボスと戦ったりする。

ドゥエス島ではゴロンレースのときマイゴロンを動かしてゴールへ向かう。途中まで主人公を敵視している。

カギモリ
『大地の汽笛』に登場。灰色の体を持つ。ゴロン山の山頂で祈りを捧げ、火山活動を静めようとしている。
長老(大地の汽笛)
『大地の汽笛』での長老。カギモリと同じく、肌が灰色。
コゴロン
『大地の汽笛』の長老の孫。祖父とは違い、肌は灰色ではない。それほど幼くはないのか、語尾が「~コロ」ではなく「~ゴロ」になっている。
テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki