Fandom

ゼルダの伝説 Wiki

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

129このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
The Legend of Zelda: Breath of the Wild
Breath of the Wild Box Art.jpg
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種
開発元 任天堂
発売元 任天堂
  

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(英題:The Legend of Zelda: Breath of the Wild)とは、『ゼルダの伝説』シリーズの19作目であり、Wii UおよびNintendo Switchに対応している。2017年3月3日に世界中で発売が開始された。

青沼英二によれば、『ブレス オブ ザ ワイルド』は『時のオカリナ』の出来事のあとの物語であり、時の神殿は崩壊しているという。

このゲームはamiiboと連動している。

ゲームプレイ編集

2016年1月14日、米国任天堂社長レジナルド・フィサメィは任天堂ツリーハウスライブのプレゼンにおいてトレーラーを発表し、タイトルが『ブレス オブ ザ ワイルド』となることやリンクが冒険できる世界も披露した。女性の声で「目を覚まして」、「目を覚まして、リンク」というセリフが含まれておりのちにゼルダ姫の声であると判明した。

トレーラーで公開されたゲームプレイには、リンクが木を切り倒して崖に橋を作り様々な建造物に登って弓で木から様々な果物を打ち落とす姿や、火で調理し、旅をするため道具を使ってオブジェクトを作り敵と戦う様子が収められていた。

シリーズで初めて一部にセリフ音声が付けられたが、リンク自身は何も話さないという。

開発編集

このゲームの制作は2011年頃から進行していた。2016年、E3における宮本茂の発言によれば、『ゼルダの伝説』シリーズでも最多となる100人を超えるチームが『ブレス オブ ザ ワイルド』の開発に携わっていたという。モノリスソフトの両スタジオも制作に協力していた。

チームは『ブレス オブ ザ ワイルド』をこれまでより「アクティブ」なゲームにすることを目指し、プレイヤーが接触可能な多数のオブジェクトが用意された。

2014年のE3において、宮本茂はこれまでの『ゼルダ』の慣例を考え直すことについて繰り返し言及した。この目標に達するために解決しなかればならなかった問題のひとつはいかにして、プレイヤーが任意の順番で訪れることができるエリアを持つ、3次元の継ぎ目のない世界を構築するかということであった。

このゲームは2015年に発売されると発表されたが、その後同じ年にゼルダプロデューサーの青沼英二が2016年まで延期になると明かした。そでれもWii Uのみの限定発売の予定であった。

2016年4月、Nintendo Switchでも発売することになったため、リリースが2017年まで延期されることが決まった。

2016年11月、ローカライズ面での問題によりSwitchでの発売は不可能であると報じられた。

2017年1月、新しいトレーラーがNintendo Switchのプレゼンで発表され、Nintendo Switchと同じ2017年3月3日に発売されることが確認された。

ストーリー編集

始まりの台地復活の神殿において突然100年間の眠りから覚めたゼルダは謎めいた女性の声に導かれハイラルの廃墟にたどり着く。

出演者編集

限定版編集

Nintendo Switch版では2種類の限定版が発売され、それぞれCOLLECTOR'S EDITION、DELUXE COLLECTOR'S EDITIONと題されている。

COLLECTOR'S EDITION編集

このバージョンにはゲームのソフト、amiiboのリンク(騎乗)、サウンドセレクションCD、特製マップ、特別デザインタイトルシートが付属する。

DELUXE COLLECTOR'S EDITION編集

このバージョンにはCOLLECTOR'S EDITIONの付属品すべてに加え、回生のマスターソードフィギュア、ポストカードセット(20種)が付属する。

ダウンロード編集

2017年3月3日、エキスパンション・パスが公開された。最初のダウンロード可能なコンテンツは2017年夏に発売予定であり、2017年冬に第2弾の追加が予定されている。

第1弾(2017年夏):

  • 試練の洞窟追加
  • ハードモード追加
  • マップ機能の追加

第2弾(2017年冬):

  • 新しいダンジョン
  • 新しいオリジナルストーリー
  • 新しいチャレンジ

第1弾・第2弾ともにコンテンツの単品購入は不可能である。

amiibo編集

トワイライトプリンセスHD』や『ゼルダ無双』、『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ』と同じように、『ブレス オブ ザ ワイルド』もamiiboと連動している。『ゼルダの伝説』シリーズと特に関係が深いamiiboはより多くの機能を備えている。

シーカースレートでamiiboルーンを使うことで、ゲーム内でamiiboをスキャンできるが、1日に1度限りとなっている。

マーチャンダイズ編集

  • 『ブレス オブ ザ ワイルド』amiibo:リンク(弓)、リンク(騎乗)、ゼルダ、ガーディアン、ボコブリン。
  • 『ブレス オブ ザ ワイルド』版リンクのねんどろいど発売。
  • First 4 Figuresによる公式リンクフィギュアの発売。

評価編集

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は非常に高い評価を受けた。Metacriticで100点中97点という歴代で最高の得点をつけられているほか、史上最も高い評価を受けたゲームとしての記録も保持している。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki