FANDOM


ゾーラ族は、任天堂コンピュータゲームゼルダの伝説』シリーズに登場する架空のキャラクター。半魚人の種族で、第1作から『神々のトライフォース』まででは敵だったが、『時のオカリナ』以降は味方として登場している。半魚人であるため、長時間の乾きには耐えられないらしい。

登場作品 編集

ゼルダの伝説
敵として登場。水中から時々水中から顔を出してビームで攻撃してくる。これは最初から持っている小さな盾では防げない。マジカルクロックを取ると出て来なくなる。
リンクの冒険
前作同様敵として登場。本作では地上でも戦えるようになっている。
ゼルダの伝説 神々のトライフォース
上記の2作同様敵として登場するが、巨大なキングゾーラは水かきを売るなど、少しながらもリンクに協力している。基本的には水中で攻撃してくるが、特定の場所に存在する浅瀬では2速歩行で追ってくることもある。ゲーム中盤以降の闇の世界では、迷い込んだことで姿が変化したと思われる「クー」というモンスターが登場する。
ゼルダの伝説 時のオカリナ
本作で初めて味方として登場。
ゾーラ川の上流にある、ゾーラの里に住んでいる。里のそばに住む巨大魚、ジャブジャブ様を守り神として崇めている。
王族のみ語尾に「ゾラ」と付けて話す。大人時代では、シークに救われたルトと店員を除いて、全員里ごと氷付けにされてしまう。
また、お面屋ではゾーラ族のお面も貸し出ししている。
ゼルダの伝説 ムジュラの仮面
本作では海に住んでいる。主にグレートベイ地方の海岸に住んでいて、バンド「ダル・ブルー」を結成している。
なお、本作で卵生であることが明らかになった。
また、本作では、「ゾーラの仮面」を被ることにより、ゾーラ族の姿をした、ゾーラリンクに変身することも可能。
ゼルダの伝説 ふしぎの木の実
モンスターのゾーラが両バージョンに登場するほか、「時空の章」にのみ味方(時のオカリナ等に登場したタイプ)のゾーラが登場する。モンスターのゾーラは「川ゾーラ」、味方のゾーラは「海ゾーラ」として明確に区別され、混同されることを嫌っている。
ゼルダの伝説 風のタクト
先代の大地の賢者ラルトのみが登場。『時のオカリナ』の時代からわずか数百年の間に鳥人の種族・リト族に進化したらしい。
ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣

『神々のトライフォース』には、SFC版と同じように登場する。『4つの剣』には登場しない。

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
『時のオカリナ』の時に比べると、より人に近い体つきとなっている。
長時間の乾きには耐えられないという点は他の作品と同じだが、だからといって、水中でも限られた時間しか活動できないらしく、氷付けから解放された後、「ゲホッ、ゲホッ」と咳き込んでいたり、倒れたりしている様子が見られ、肺呼吸をしているらしく、本作で両生類に近い種族であることが判明した。
この時代では、王族でも、語尾に「ゾラ」は付けない。また、兵士のゾーラは兜を被り、魚を模した斧を持っている。

個別 編集

キングゾーラ(神々のトライフォース)
『神々のトライフォース』に登場した巨大なゾーラ。関西弁のような喋り方が特徴。
他のゾーラと違いリンクへの敵意は示さず、500ルピーを払うと水かきを売ってくれる。
キングゾーラ(時のオカリナ)
『時のオカリナ』に登場。ゾーラ族の王。本名ド・ボン・16世。
やや太り気味の体型と大きな体が特徴。ダイゴロンとは昔からの友人。
「苦しゅうない」など、王族独特の喋り方をする。
ルト
『時のオカリナ』に登場。ゾーラの王女で、キングゾーラの娘。父同様、王族独特の喋り方をする。
おてんばな性格で、最初は「この無礼者!姫を置き去りにするとは何事じゃ!」など高飛車な言動が多かったが、ジャブジャブ様の一件以来リンクに好意を抱くように。
大人時代では、責任や使命を自覚するようになり、里が氷付けとなった際にシークに救われ、同胞達を助けるべく、呪いの元凶である水の神殿に単身で潜入する。そして、水の賢者となる。
ミカウ
『ムジュラの仮面』に登場。ゾーラのバンド「ダル・ブルー」のギタリスト。ルルとは恋人同士。
歌声を失ったルルを助けるべく、女海賊に奪われた彼女の卵を奪還すべく海賊の砦に向かうが、返り討ちにされ、致命傷を負い、リンクに助けられるが、既に虫の息であり、最後の力を振り絞ってそれまでの経緯を熱唱し、力尽きる。その無念はリンクのいやしの歌によって癒され、魂と思いはゾーラの仮面となってリンクに力を貸す。
ルル
『ムジュラの仮面』に登場。ゾーラのバンド「ダル・ブルー」のボーカル担当。前作の大人時代のルトに似ている。
グレートベイに謎の霧が発生した直後に産卵し、歌声を失ってしまう。
恋人であるミカウを心配し、ゾーラホールの屋上で独りたたずんでいる。
ジャパス
『ムジュラの仮面』に登場。「ダル・ブルー」のベーシスト。クールな性格。リーダーのエバンに内緒でよくミカウとセッションしていたらしい。
ディジョ
『ムジュラの仮面』に登場。「ダル・ブルー」のドラマー。ミカウのルームメンバーであり、肥満体系だが心優しい性格。ミカウの留守中に彼の部屋への階段を壊してしまう。
エバン
『ムジュラの仮面』に登場。「ダル・ブルー」のキーボーディストであり、ダル・ブルーのリーダー。メンバーの中で一番プライドが高く、ミカウとジャパスの作ったフレーズを認めない。
トト
『ムジュラの仮面』に登場。ダル・ブルーのマネージャー。前作のキングゾーラを小さくしたような姿をしている。ミルクバーにいて、ダル・ブルーの公演が中止になり、落ち込んでいたが、せめての景気づけに、リンクにセッションを頼む。
ラルト
『風のタクト』に登場。メドリの先代の大地の賢者。大地の神殿でマスターソードに祈りを捧げていたが、ジャイ・ハーラに殺害されてしまう。
ルテラ
『トワイライトプリンセス』に登場。この時代でのゾーラの女王。里が影の使者に支配された際に、見せしめとして殺害されてしまう。
ラルス
『トワイライトプリンセス』に登場。この時代でのゾーラの王子で、ルテラの息子。ニオイマスを捕まえるのが得意。
しっかりした性格で、敬語で話す。
テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki