FANDOM


ニンテンドウオールスター!
大乱闘スマッシュブラザーズ
Super Smash Bros.
ニンテンドーオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ
ジャンル アクション
対応機種 NINTENDO64
iQue Player
Wiiバーチャルコンソール
開発元 HAL研究所
発売元 任天堂
人数 1〜4人
メディア NINTENDO64128Mbitロムカセット
Wii VCダウンロード販売
発売日 NINTENDO64
[[image:テンプレート:Country flag alias Japan|border|25x20px|テンプレート:Country alias Japanの旗]] 1999年1月21日
Flag of the United States 1999年4月27日
Flag of Europe 1999年11月19日
iQue Player
[[image:テンプレート:Country flag alias China|border|25x20px|テンプレート:Country alias Chinaの旗]] 2005年
バーチャルコンソール
[[image:テンプレート:Country flag alias Japan|border|25x20px|テンプレート:Country alias Japanの旗]] 2009年1月20日
Flag of Europe 2009年6月12日
Flag of the United States 2009年12月21日
価格 NINTENDO64
5,800円(税別)
Wii VC
1,200ポイント
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
ELSPA:3+
ESRB:E(Everyone)
PEGI:7+
OFLC:G8+
売上本数 Flag of Japan 約197万本
Flag of the United States 約330万本
その他 振動パック対応
  

ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ』(ニンテンドウオールスター だいらんとうスマッシュブラザーズ、英題:Super Smash Bros.)は、1999年1月21日任天堂より発売されたNINTENDO64対戦アクションゲーム大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの第1作目。略称は「スマブラ」など。

テンプレート:ネタバレ

ゲームシステム・ルール 編集

操作方法やルールなどのゲームシステム面の詳細については「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」を参照

「スマッシュ(操作スティックのはじき)」を中心とした操作システムの体系や、基本となるゲームシステムの大半はすでにこの時点で確立されていた。後の作品で追加されたシステムはあるが、この時点で定められたシステムに関しては後もほとんどが変更されていない。

ゲームモード 編集

1人用ゲーム
1Pゲーム
使用するキャラクターを使って決められたコンピュータのキャラクターを倒して勝ち進んでいくモード。途中にはジャイアントドンキーコングや『スーパーマリオ64』に登場した「メタルマリオ」など敵オリジナルキャラクターも登場。最後にマスターハンドが待ち構える。残機がなくなったり制限時間がなくなった時点でゲームオーバーになり、コンティニューした場合はスコアが半分に減ってしまう。後のシリーズ作とは違ってコンティニュー回数に制限はない。
ステージをクリアするごとにクリアタイムなどからスコアが加算され(特殊条件により貰えるボーナス得点もあり、ステージ固有のものある)、最高スコアがキャラクター別に保存されるようにもなっており、スコアアタックとして遊ぶことも可能。
難易度を5段階の中から選ぶことができ、残機と制限時間の設定が出来る。
トレーニングモード
ステージ、敵、アイテムなどを自由に設定できる練習モード。コンボ数の表示などもされる。
ボーナス1プラクティス(ターゲットをこわせ!)
コースに設置された10個の標的を攻撃して全部破壊する1Pゲームのボーナスステージ1を練習することができる。コースは各キャラクターにひとつずつ用意されていて、細かな動作や攻撃ワザの性質を知る練習になるようにも設計されている。タイムを計測することができるので、タイムアタックを行うことも可能。
1Pゲームでは、壊したターゲットの数に応じたボーナス得点が入る。
ボーナス2プラクティス(台を乗りついでいけ!)
コースに設置された10個の黄色い台を乗り継いでいく1Pゲームのボーナス2を練習、タイムを計測する。「ターゲットをこわせ!」と同様に各キャラクターごとにコース設計が異なり、動作や復帰に使える必殺ワザの性質を知る練習になるデザインとなっている。
1Pゲームでは、乗り継げた台の数に応じたボーナス得点が入る。
対戦ゲーム
コンピュータや友達と最大4人対戦が出来、タイム制・ストック制の二種類のルールとシングル・チームの2つの方式のバトルが出来るモード。ステージは全9ステージで、内1ステージは対戦モード限定で条件を満たすと遊べるようになる。また、ある条件を満たすとアイテムの設定も可能になる。
記録・資料
対戦成績
これまで対戦した勝敗や吹っ飛ばされた数などの細かい成績を見ることが出来る。
キャラクター紹介
プレイヤーが操作できるキャラクターによるプロフィールや登場作品などの紹介を見ることが出来る。隠しキャラクターを出現すれば、隠しキャラクターによる紹介も見ることが出来る。マスターハンドや謎のザコ軍団といった『スマブラ』オリジナルキャラクターの紹介はない。
サウンドテスト
ある条件を満たすと選ぶことが出来る。ゲーム中に使用されるBGMやSEやキャラクターのボイスを聞くことが出来る。なお、何故かBGMはキャラクターセレクト画面のものが収録されていない。

キャラクター 編集

プレイヤーが操作できるものは計12キャラクターが登場している。括弧内のソフトは、それぞれの代表作。

基本キャラクター 編集

ドンキーコングのみは1Pモードの敵として登場せず、味方でのみ登場する。

マリオマリオシリーズ
チャールズ・マーティネー
ドンキーコングスーパードンキーコング
声:サウンドエフェクト
リンクゼルダの伝説 時のオカリナ
声:檜山修之
サムスメトロイドシリーズ
声:サウンドエフェクト
ヨッシーヨッシーストーリー
声:戸高一生
カービィ星のカービィシリーズ
声:大本眞基子
フォックススターフォックス64
声:里内信夫
ピカチュウポケットモンスター
声:大谷育江

隠しキャラクター 編集

ある条件を満たすと発生する「チャレンジマッチ」というCPが操作するキャラとの対戦に勝つと使えるようになる。1Pモードでルイージ以外のキャラは敵として登場せず、味方でのみ登場する。

ルイージ(マリオシリーズ)
声:チャールズ・マーティネー
プリン(ポケットモンスター)
声:かないみか
キャプテン・ファルコンF-ZEROシリーズ
声:堀川亮(現:堀川りょう
ネスMOTHER2 ギーグの逆襲
声:大本眞基子

オリジナルキャラクター 編集

敵としてのみ登場し、プレイヤーは操作することができない。いずれも1Pゲームにのみ登場する。

ジャイアントドンキーコング
STAGE6に登場。ドンキーコングを一回り大きくしたキャラクターで、体が大きく、スマッシュ攻撃などで、ステージの外から落ちることがあるので、3人で協力しながら倒す。巨体故に、通常のドンキーを凌ぐ攻撃のふっとばし力と範囲を持ち、重さもドンキー以上でダメージがたまらないとなかなか飛ばすことが出来ない。同様に理由でサイズが大きいのでダメージを貯めるの自体は容易だが、多少の攻撃を受けてもひるまない(ひるむモーションそのものが出ない)という特性を持ち、こちらの攻撃に割り込んでくる。なお、こちらがドンキーコングを使っていても、色違いにはならない。
メタルマリオ
STAGE9に登場。厳密に言うとオリジナルではなく、『スーパーマリオ64』に登場した、全身が金属化したマリオ。動作はマリオと同じだが、全体が金属で出来ているので、非常に重くなっており吹っ飛び難い上、ジャイアントドンキー以上にひるみ難いが、落下速度が速いため一旦ステージ外に押し出せばそれだけで倒すことが出来るという脆さもある。なお、カービィが吸い込んでもコピーできない。
謎のザコ敵軍団
STAGE10に登場。このゲームに登場する12種類のキャラクターの骨組みのみを抽出した紫色のキャラクター。攻撃モーションはオリジナルと同じだが、必殺ワザなどが使えないという差異がある。全部で30人の軍団で登場するが、非常に吹っ飛びやすいのでスマッシュ攻撃などで一撃で倒すことが出来る。
STAGE10前にあるボーナスステージ3「ボスのところまでたどりつけ!」でもコース上に3体が現れるが、こちらは強く設定されている上、絶対に倒せないため逃げるしかない。
マスターハンド
最後のステージで登場。謎の白い右手袋。後に『星のカービィ 鏡の大迷宮』にも登場。殴ったり指からミサイルを発射するなどの攻撃をしてくる。このキャラクターのみ体力制になっており、0にすれば勝利になる。ちなみにこのキャラのみシンプルモードで名前が呼ばれない。オープニングで登場し、人形達に命を吹き込んだ。

ゲームステージ 編集

基本ステージ 編集

括弧内は各ステージのイメージキャラ。

ピーチ城上空(マリオブラザーズ)
ステージ上空には左右に動くバンパーが設置されている。また、ステージ下部にある床が左右にスライドする。
ルイージとのチャレンジマッチはここで行われる。
コンゴジャングル(ドンキーコング)
このステージの床は、下から上へすり抜けられる。ステージ下にはタル大砲が左右に移動しており、入ると復帰に利用できるが、ふっとばしやすさを高くすると、場外へ放り出されることがある。
ハイラル城(リンク)
城の屋上。たびたび竜巻が発生するステージ。竜巻に巻き込まれると上に吹き飛ばされ、ダメージを受ける。蓄積%が高いとそのまま場外へ放り出される。
惑星ゼーベス(サムス)
黄色い酸の海が上下に満ち引きを繰り返すステージ。酸にあたるとダメージを受け上に吹き飛ばされるが、下に落下するのを防いでくれる場合もある。
キャプテン・ファルコンとのチャレンジマッチはここで行われる。
ヨッシーアイランド(ヨッシー)
ゲーム『ヨッシーストーリー』をモチーフとしたステージ。ステージの左右に一定時間乗っていると消えてしまう雲の足場がある。
プププランド(カービィ)
土台に加えて宙に浮かぶ3つの足場がある。ウィスピーウッズが息を吐いて押し出すことがある以外は、いたって基本的な構成のステージ。
ネスとのチャレンジマッチはここで行われる。
セクターZ(フォックス)
宇宙空間のステージ。セクターZ周辺を巡るグレートフォックス上が実際の戦いの舞台である。ときどきアーウィンが飛来し、横からレーザー攻撃を仕掛けてくる。アーウィンに乗ることもできるが、乗ったままでいると場外送りになる。アーウィンの位置とタイミングによるが、一時的な足場として吹き飛ばされた時の復帰に利用できなくもない。
ヤマブキシティ(ピカチュウ、プリン)
ヤマブキシティにあるシルフカンパニービル屋上のステージ。ステージ左側には上下に動く床があり、中央付近にはランダムでポケモンが出てくる穴があるのが特徴で、穴から出てきたポケモンに応じたアクションを仕掛けてくる。なお、ラッキーの場合はこちらの攻撃で吹き飛ばすことも可能。
プリンとのチャレンジマッチはここで行われる。

隠しステージ 編集

いにしえの王国(マリオブラザーズ)
VSモードのみ登場。ゲーム『スーパーマリオブラザーズ』のステージ1がモチーフになっている。背景には『スーパーマリオブラザーズ』でのゴール地点にある旗や城が存在。ステージの左右に設置されている土管をくぐると、逆にある土管から出てくる。移動に利用できるが、たまにステージ中央の崖にある土管の穴から出てくる事があり、その場合は出てきた途端に落下するため油断はできない。床は左右に無限に続いているのが特徴だが、行き過ぎると場外扱いになる。

1Pモードステージ 編集

対戦モードでは使用できない。

メタ・クリスタル(メタルマリオ)
中央に乗り場があるだけの狭くてシンプルなステージ。
デュエルゾーン(謎のザコ敵軍団)
構成は「プププランド」のステージに似ているが、一切の仕掛けがなくシンプルなステージ。後のシリーズ作におけるステージ「戦場」にあたる。
終点(マスターハンド)
障害や乗り場のない平坦なステージである。『DX』以降は対戦ゲームでも使用可能となった。

アイテム 編集

キャリアー 編集

箱などの入れ物。壊すと中からアイテムが出てくる。たまにアイテムは出ずに爆発することがある。

木箱
1~3個のアイテムが入っている。
タル
1個のアイテムが入っている。投げると地形に沿って転がる。壁にぶつかると壊れる。他のキャリアーと比べ、爆発する確率が高い。
カプセル
小型のキャリアー。他のアイテムのように片手で持てるため、基本動作に影響しない。ごくたまに、攻撃などで割ると爆発するものもある。
ラッキーのたまご(ポケットモンスター
カプセルと同じ性質。モンスターボールで出現するラッキーは3個、ヤマブキシティで登場するラッキーは1個のたまごを生み出す。こちらにも爆発するもの(タマゴばくだん)はある。

通常アイテム 編集

マキシムトマト星のカービィ
回復アイテム。ダメージを100%回復する。
ハートのうつわ(ゼルダの伝説
回復アイテム。ダメージを完全に回復する。実際は999%回復。回復中にダメージを受けてもその分まで回復できる。
スター(スーパーマリオブラザーズ
特殊アイテム。一定時間無敵になり、どんなダメージを受けても一切ダメージを増えずに吹っ飛ばない。
ビームソード
打撃アイテム。威力・リーチ共に優れ、使い勝手が良い。投げてもそれなりの威力を発揮する。
ホームランバット
打撃アイテム。これを持って横スマッシュ攻撃を出すと、相手を蓄積%や重さに関係なく一撃で場外に吹っ飛ばせる。その際には「カキーン」というジャストミートを示す音が鳴る。ただし振りが遅く、隙も生じるためリスクも大きい。
はりせん
打撃アイテム。ダメージは少ないがすばやく振れ、相手に投げつけると上方向に吹っ飛ばす。また、相手のシールドを大幅に削ることが出来る。
スターロッド星のカービィ
打撃アイテム。横強攻撃や横スマッシュ攻撃を出すと20発まで星を飛ばすことが出来る。投げつけて当てると真横に飛ばす特性がある。
レイガン
射撃アイテム。レーザーを撃つことができる。当たると若干浮くためタイミングよく撃てば連続してヒットさせることが可能。16発撃つと弾切れする。
ファイアフラワースーパーマリオブラザーズ
射撃アイテム。炎を出して攻撃する。120%のダメージ値に相当する炎を出し終わると、炎が出なくなる。壁際に追い詰めてから使うと実質「ハメ」状態になり炎が切れるまで抜け出せなくなる。
ハンマードンキーコング
特殊な打撃アイテム。取った瞬間からハンマーを振り続ける。当たるとダメージを30%ほど受け、大きく吹っ飛ばされる。ハンマーを降り続ける間は他の攻撃が出来ない、ジャンプ力が弱まるなど、行動が制限される。一定時間経つと振り終わる。なお、誰かがハンマーを振り回している間は『ドンキーコング』でハンマーを取った時にも鳴っていた専用のBGMに切り替わる。使用者を近接攻撃で仰け反らせるのはほぼ不可能に近いが、相殺されない限り飛び道具による攻撃は有効。
モーションセンサー爆弾(ゴールデンアイ 007
投てきアイテム。投げて壁や床に設置することができ、キャラが触れると爆発する。
ボム兵スーパーマリオブラザーズ3
投てきアイテム。攻撃を当てたり、投げたりする事で爆発する。取らずに放って置くと歩行を開始し、一定時間経過後に爆発。持っている間は爆発しない。爆風には非常に高い吹っ飛ばし力があり、爆風は投げたキャラも巻き込む。
バンパー
投てきアイテム。当たった相手は横方向に大きく弾かれる。床に投げて仕掛けることもできる。
ミドリのこうら(スーパーマリオカート
特殊な投てきアイテム。打撃を加えるか投げることで床を滑り、当たった相手を大きく吹っ飛ばす。完全に停止するまで攻撃は有効。また、床を滑っている状態で攻撃を加えると、こうらに攻撃を与えたキャラの扱いになり、得点の付き方に影響する。
アカのこうら(スーパーマリオカート
特殊な投てきアイテム。打撃を加えたり投げた後は、近くのキャラを追尾するように滑っていく。段差にぶつかると反転する。ミドリのこうらより威力は小さい。ミドリのこうらと同様、こうらに攻撃を与えたキャラの扱いになり、得点の付き方に影響する。
モンスターボールポケットモンスター
投てきアイテム。地面に落下するとポケモンがランダムで出現する。全13種。使用者にはポケモンの攻撃が当たらない。またモンスターボール自体を命中させる事で相手にダメージを与える事も出来る。トサキントとラッキーを除き、使用者以外が出てきたポケモンに触れるとダメージを受け吹き飛ばされる。

その他 編集

スマブラ拳!! 編集

本作のディレクター桜井政博自身により、ゲームのテクニックや攻略法を綴ったサイト「スマブラ拳!!」が作られた。当時すでに攻略本が出ていたにも関わらず、後にこれをまとめた本が書籍化されている。

同ホームページで行われた「アンケート収集拳!!」の企画『スマブラ2があるとしたら出てほしいキャラ』 に対するコメントとして、実はクッパデデデ大王ミュウツーなどは開発段階では登場予定だったのだが諸事情でボツとなったという事が語られている[1]。のちにクッパとミュウツーは続編『大乱闘スマッシュブラザーズDX』で、デデデ大王は3作目の『大乱闘スマッシュブラザーズX』で登場を果たすこととなった(なお、ミュウツーは『X』には登場していないので3キャラの共演は現在もない)。

没となったシステム 編集

『大乱闘スマッシュブラザーズX』で登場した要素「最後の切りふだ」はこのころから構想があったのだが、諸事情で没になった。「最後の切りふだ」用の掛け声の収録もちゃんと行われておりネスやキャプテン・ファルコンなど一部の『X』参戦キャラクターのボイスの中には、このゲームで収録して流用しているものがある[2]

アイテムにおいては、後のシリーズ作で登場することとなる「スーパーキノコ」(スーパーマリオブラザーズ)がアイデアとして存在したことが後のインタビュー記事などで判明しているが、NINTENDO64で激しく巨大なキャラクターを動かすにはハードの情報処理能力の面で問題があったため、廃案となった(ジャイアントドンキーコングに関しては、「巨大キャラクターが一体のみで、決まったシチュエーションで登場」という限定した条件にすることで処理落ちなどが起きないようにされている)。

海外版との相違点 編集

本作の海外版は、言語に関する点以外にも一部の仕様変更が行われている。

1Pゲームをクリアすると流れるエンディング後の最後に、各キャラクターごとに固有の一枚絵が表示されるようになっている。これは日本版にも搭載する予定だったのだが、開発期間の関係でカットされた[3]。この要素は続編『大乱闘スマッシュブラザーズDX』以降は日本版にも搭載されている。

キャラクターのバランスに関しても細かな調整が行われており、一部の技のベクトル(相手を吹っ飛ばす方向)、威力、吹っ飛びの大きさなどの違いがある。また、効果音の一部変更なども行われている(例えば、打撃音がリアルな音からゲームっぽいコミカルなものに変わっている)。

備考 編集

  • 開発元のHAL研究所で、現在会社のロゴとして使われている「タマゴを温める犬」のイラストが初登場したのは、本作のオープニングである。
  • 各キャラクターの必殺ワザの名称は、「スマブラ拳!!」での説明、ゲーム中のキャラクター説明や任天堂ホームページ上の公式サイトでの名称、「スマブラ拳!!」以前の雑誌や攻略本とでは名称が一部異なっている(例として、ピカチュウの上必殺ワザ「でんこうせっか」はゲーム中の説明のみ「こうそくいどう」になっている)。以後のシリーズでは、「スマブラ拳!!」上で使用された名称が使われている。
  • Wiiバーチャルコンソール版配信は、N64版発売から10年後ほぼぴったりに行われている。これはゲーム雑誌『週刊ファミ通』で桜井政博が連載しているコラムによると、この日程で配信の理由は第1作目発売から10周年記念による意図的なものである。


脚注 編集

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki